CentOSでNTFSファイルシステムをマウントする

通常はこんな面倒なことをすることはないのですが、外付けHDDからの読み込みや、WindowsのCドライブがセクターエラーなどでブルー画面になって、起動ディスクを使っても、ディスクの修復ができないことがあります。

こんな場合、なんとかしてデータだけでもサルベージさせたい!となるわけですが、CentOSだとこんな異常発生したディスクでも意外とマウントできることがあります。

まずはNTFSマウントに必要なコマンドから。

yum -y install epel-release

yum -y install ntfs-3g

NTFSのディスク装填

ディスク確認

fdisk -l

ここではsdc1とします。

mkdir /disk1

mount /dev/sdc1 /disk1

再起動時にオートマウント

vim /etc/fstab

/dev/sdc1               /disk1 ntfs     defaults         0 0

あとは面倒ですが、FTPなどでなんとかファイルをダウンロードか、別のNTFSディスクにコピーしていきます。

本来ならzipやtarで一気に落としたいところですが、圧縮できても展開できない可能性があります。

よって、面倒で時間も掛かりますが、FTPなどで個別にDLを掛けたほうが破損ファイルを拾わないのでこちらの方が安全です。

ただし異常発生したディスクはいくらマウントできていても、ファイルリストの作成の段階で非常に時間がかかったりしますので、完全回復はかなり難しいと思います。

これでもマウントできなかったら多分復旧は厳しいかな....

ちなみにこんな作業を復旧業者さんに依頼すると、推定10~20は最低でもご請求が来るかと...w

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ワードプレスで特定のテーブルをダンプ、リストア

ネットワーク関連のカーネルチューン(tcpのtime_wait対策)

NO IMAGE

ファイルの文字コードを調べる

nginxでworker_connectionsを1024以上に!

NO IMAGE

コマンドラインで特定の拡張子のファイルの文字列を一括でreplace(置換)する

NO IMAGE

バーチャルホスト設定一覧抽出(apache版)

抜け毛対策