ウィジェットをキャッシュするプラグイン:Widget Output Cache

久々に大当たり?なプラグインを見つけました!

Widget Output Cache であります。
ウィジェットをキャッシュしてくれるというもので、テンプレート変更や、ウィジェットを触った、プラグインを追加したなどで、謎のCPU負荷が出た場合にぜひ試してほしいプラグインです。
(DB、systemの負荷が少なく、userの負荷が多くなったケース)

https://ja.wordpress.org/plugins/widget-output-cache/

日本語版がないので、少々わかりにくいですし、日本語での情報が全く出ていませんが、普通にプラグインとしてインストールして有効化するだけで動作します。

その後動作チェックして、不具合が出ているウィジェットがあった場合は、下記のように設定します。

不具合が出ているウィジェットをダッシュボードから開いて、

ここの Exclude this widget from cache のチェックONして保存するだけで、該当ウィジェットはキャッシュオフされます。

まだ細かく調べてないので、APC(OpCache)にキャッシュされてるのか、memcached なのか、ディスクキャッシュなのか、またキャッシュオフタイムはどれくらいのインターバルなのか?

詳細がまるでわかりませんが、ウィジェットをカスタムしまくってる方にはオススメしたいものでした!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ワードプレスのSuperCache切れ直後、メインに記事ページが?の対応

無料ライブチャットplugin(ワードプレス)

NO IMAGE

特殊文字が自動変換されるのを回避する

AMP for WPの脆弱性について

ワードプレスの脆弱性が指摘されたプラグインリスト

NO IMAGE

wp-cliのインストールとwp-cli経由でのバックアップ、復元

抜け毛対策