python3.6系にアップデート CentOS7 LetsEncrypt

LetsEncryptのcertbotを新規インストールにおいて、いつの間にか、python3系が要求されるようになってたので、python3.6系へアップデートした際の備忘録です

たぶんデフォでは2.7系じゃなかったかと思われますw

yum install -y https://repo.ius.io/ius-release-el7.rpm
yum search python36
cd /usr/bin
ls | grep python

yum install python36 python36-pip

※下記はroot権限だと弾かれます
su ユーザー名
pip3.6 install --upgrade pip
pip3.6 install certbot
exit

which certbot

シンボリックリンク
ln -s /usr/local/bin/certbot /usr/bin/certbot

alias python='/usr/bin/python3'
alias | grep python
python --version
cd /root
vim .bashrc
#下記の後に追記
# User specific aliases and functions
alias python='/usr/bin/python3'

snapのインストール
yum install snapd
systemctl enable --now snapd.socket
ln -s /var/lib/snapd/snap /snap
snap install core
snap refresh core

systemctl restart snapd
systemctl status snapd
systemctl enable snapd

snap --version
snap install --classic certbot
ln -s /snap/bin/certbot /usr/bin/certbot
certbot --version

証明書作成コマンド
/var/lib/snapd/snap/bin/certbot certonly

もしくは
/snap/bin/certbot --nginx

※下記はapache版
/snap/bin/certbot --apache

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

NO IMAGE

kernelとgccのアップデート CentOS7

NO IMAGE

特定の拡張子以外のファイルがあるかどうかを検索

NO IMAGE

lsyncd のファイル数が多すぎて上限に引っかかった際の対応

NO IMAGE

zabbix をapacheからnginx に変更した際の注意

NO IMAGE

OS層のハードディスク、sda等においてVolGroup-lv_rootのパーテ...

NO IMAGE

指定ディレクトリ以下の各ファイル容量検索