python3.6系にアップデート CentOS7 LetsEncrypt

LetsEncryptのcertbotを新規インストールにおいて、いつの間にか、python3系が要求されるようになってたので、python3.6系へアップデートした際の備忘録です

たぶんデフォでは2.7系じゃなかったかと思われますw

yum install -y https://repo.ius.io/ius-release-el7.rpm
yum search python36
cd /usr/bin
ls | grep python

yum install python36 python36-pip

※下記はroot権限だと弾かれます
su ユーザー名
pip3.6 install --upgrade pip
pip3.6 install certbot
exit

which certbot

シンボリックリンク
ln -s /usr/local/bin/certbot /usr/bin/certbot

alias python='/usr/bin/python3'
alias | grep python
python --version
cd /root
vim .bashrc
#下記の後に追記
# User specific aliases and functions
alias python='/usr/bin/python3'

snapのインストール
yum install snapd
systemctl enable --now snapd.socket
ln -s /var/lib/snapd/snap /snap
snap install core
snap refresh core

systemctl restart snapd
systemctl status snapd
systemctl enable snapd

snap --version
snap install --classic certbot
ln -s /snap/bin/certbot /usr/bin/certbot
certbot --version

証明書作成コマンド
/var/lib/snapd/snap/bin/certbot certonly

もしくは
/snap/bin/certbot --nginx

※下記はapache版
/snap/bin/certbot --apache

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

NICを調べる

NO IMAGE

OS層のハードディスク、sda等においてVolGroup-lv_rootのパーテ...

NO IMAGE

TCPコネクション数を簡単に調べる

NO IMAGE

apacheやnginxの同時接続数をリアルタイムでモニタリング

NO IMAGE

kernelとgccのアップデート CentOS7

指定ディレクトリ以下の肥大化したディレクトリやファイルを検索する