CentOS7に最新カーネルをインストールする(Kernel5)

CentOS7に最新カーネルをインストールする(Kernel5)

前提としてgccはversion: 4.9.0以上が必要になっています。ここではgccのインストールは略します。

またyumにおけるカーネルのアップデートは除外することとしますので、そちらも修正しておきます。
vi /etc/yum.conf
#下記の一文を追記。
exclude=kernel*

yum install ncurses-devel openssl-devel bc elfutils-libelf-devel
curl -O https://cdn.kernel.org/pub/linux/kernel/v5.x/linux-5.12.9.tar.xz

Kernel5系の最新版はこちら
http://cdn.kernel.org/pub/linux/kernel/v5.x/
5.0.9あたりのバージョンでしたらgccはCentOS7のデフォでいけます。

今回は2021/06/27時点での最新版を導入しています。

xz -d linux-5.12.9.tar.xz
tar xvf linux-5.12.9.tar
cd linux-5.12.9

cp -p /boot/config-3.10.0-514.el7.x86_64 ./.config
yes "" | make oldconfig
make

make modules_install
make install
-------------------

追加カーネル確認
cat /etc/grub2-efi.cfg | less
※ここはファイルがgrub2.cfgになっているケースもあるので注意!

-------下記文字列あたりを探します------
### BEGIN /etc/grub.d/10_linux ###
menuentry 'CentOS Linux (5.12.9) 7 (Core)' --class centos --class gnu-linux --class gnu --class os --unrestricted $menuentry_id_option 'gnulinux-3.10.0-514.el7.x86_64-advanced-73592be7-d921-419f-b242-cf82b3a0a465' {
-------------------------------

起動するカーネルの変更

コマンドで必要な部分を抽出
上からソートで 0.1.2~となっています
awk -F\' '$1=="menuentry " {print $2}' /etc/grub2-efi.cfg
※ここはファイルがgrub2.cfgになっているケースもあるので注意!

------------------------------------------------------
CentOS Linux (5.12.9) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-514.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (0-rescue-a80a4bf42ffd45c980c1ffef41a9e796) 7 (Core)
------------------------------------------------------

grub2-set-default 0
grub2-editenv list
reboot

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイライトされてわかりにくいですが、5.12.19が自動起動される設定になっています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

Unknown collation: ‘utf8mb4_unicode_520_...

NO IMAGE

memcachedでUDPをオフにする方法

NO IMAGE

wp-cliのインストールとwp-cli経由でのバックアップ、復元

NO IMAGE

mysql でInnoDBが破損してmysqldが起動しなくなった場合

NO IMAGE

OS層のハードディスク、sda等においてVolGroup-lv_rootのパーテ...

NO IMAGE

nmapを使ったポートスキャン

抜け毛対策