lsyncd のファイル数が多すぎて上限に引っかかった際の対応

サーバ間でのファイル同期で有名なlsyncd ですが、たまに下記のエラーが出るケースがあります。

エラーログ内容
Consider increasing /proc/sys/fs/inotify/max_user_watches

内容としては同期のファイル数が上限に引っかかっちゃってる、というものなので、その対応をします。

対応
vim /etc/sysctl.conf

追記
fs.inotify.max_user_watches = 1000000 #この数値は任意

sysctl -p

service lsyncd restart

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネットワーク関連のカーネルチューン(tcpのtime_wait対策)

NO IMAGE

特定サイズ以上のファイル検索

NO IMAGE

ifcfg-eth0 ローカル通信用サンプル

NO IMAGE

yumがupdateできない件(CentOS6)

NO IMAGE

findで指定日付の範囲に更新されたファイルを検索

NO IMAGE

nicのeth*が認識できなくなった場合の対処

抜け毛対策