APNIC,Cloudflareが高速パブリックDNSサービスを提供

少し前の記事ですが、こんなアナウンスが出ていました。

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1114805.html

以下は、パソコンの回線速度が遅いなーという時における高速化対策の一つです。

一般には、日本の光回線やポケットwifiにおいては、どこかのプロバイダーと契約して初めて通信が可能になる、というケースがほとんどだと思います。

そして、プロバイダーと契約すると、ほとんどの方は、DNS(ドメインネームサーバ:ドメイン名とIPアドレスを結びつける名前解決サーバ)を自動設定にされているでしょう。

ところが、このプロバイダー提供のDNSサーバにおける処理能力が低いとか、いろんな制限が入っている場合、このDNSサーバが原因でネットが遅くなる、なんてことが結構あります。

そんな場合に試してほしいのがパブリックDNSサービス、というものです。OpenDNS(シスコ)Google Public DNSなどは有名ですが、クラウドフレアのパブリックDNSは、かなりイケてるみたいです!

手順は下記の通り。

スタート>コントロールパネル>ネットワークと共有センター>ローカルエリア接続

ここでプロパティをクリック

 

ここはTCP/IPv4を選択してプロパティ

ここで下記のように設定でOKです!

 

自分のパソコンでネットサーフィンしてると、なんかモッサリしてるなー?、という時に試してほしいサービスです。

これで変化がなかったら、別のところにボトルネックがあるということで....(*´ω`*)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

windows 7 home premiumでのリモートデスクトップについて

NO IMAGE

消費税増税に伴う料金値上げのお願い 2

NO IMAGE

海外データセンターのロケーション追加報告2

NO IMAGE

google SPDY 対応のお知らせ

NO IMAGE

IIJ4uのホームページスペースについて

NO IMAGE

Shell Shock (vulenable bash)に対する対応完了報告

抜け毛対策